【モールでちがや馬づくり(第1弾)リポートします!】

イベント

しもねり・かわら版 第9号のイベント掲示板でお知らせいたしました「モールでちがや馬づくり」の第1弾として、北町アートプラザ前での作り方キットの配布の様子と、アーバンシステム株式会社様の七夕イベントの様子をリポートします。

6月27日(日) 開始早々に、かるがも親子の家の田中さんのお声掛けに集まった親子連れに遭遇しました。コルクボードに本物のちがやで制作された「ちがや馬」が展示され、興味深く覗き込んでその説明に耳を傾けながら、お子さんに短冊の色は何する?と会話する微笑ましい姿を見ることができました。

 
この会場では26日~28日の3日間、配布して予定数を超える55セットをお渡しすることができました。

実は、この「モールでちがや馬づくり」は、この日程の前に北町地区区民館のつくんぼクラブでも実施いただいていました。こちらの会場にも、ノースファミリー実行委員会からお手伝いにお伺いし、子どもたちが熱心に制作する様子も取材していました。

6月のつくりんぼクラブの行事として、事前に申込みをした小学生の低学年と、高学年とに分けて16日に2回実施されました。

そして、ここで短冊に願いを書いて作り上げたモールのちがや馬を取り付けて、7月5日から、区民館の1階の壁面に描かれた七夕企画の横に掲示されていました。

 

そして最も人気があったのは<アーバンシステム株式会社様の七夕イベント>でした。

このイベントは、7月5日から7日まで実施され、お願いを飾ってくれたお子さまに「お菓子」をプレゼントするということが魅力的だったのかも?

初日の様子では、準備したお菓子(150セット)が余るのでは。。。と心配するほどの来場者でしたが、お菓子パワーが参加した子どもたち(お母さま方含む)の口コミで一気に広まり、7日の夕方にはとうとうプレゼントがなくなるほどの盛況となっていました!

アーバンシステム株式会社様のイベントは、いつも実施する雰囲気に合わせた衣装をまとった広報担当の方がお迎えすることでも話題になっています。

今回は、織姫衣装などで日替わりでの趣向を凝らしたコスプレでお迎えしていました。

こんな感じで、お店の前に青竹をセットして短冊などを飾ってもらいました。

そして、短冊が飾られた青竹ごと7日の夕刻に北町浅間神社に奉納しました。

3日からすでに飾られていた、北町の季節の民俗風習の「ちがや馬かざり」とともに、境内での七夕飾りがより一層にぎやかな雰囲気になっていました。